2009/11/27

リサイクル・アロマキャンドルに使うロウ

   
中野区スマイル社会復帰センターのリサイクル・アロマキャンドルに使うロウは、結婚式のしあわせのぬくもりが残るキャンドルです。

 
道を挟んだお向かいにあります中野サンプラザの結婚式場より式で残りましたキャンドルをいただいています。

中野サンプラザといえば、1970年代に出来てから多くの海外からのロックアーティストなどが来日して公演した若者文化・ロックの発信地、そして多くの方が結婚式を行っているしあわせの発信地。


それを利用者の方がひとつずつ手作業で丁寧に削りだして細かくし、リサイクル・キャンドルの材料にします。
  
この削る作業も根気の要る細かい作業となります。


  

  

                                     



このリサイクルキャンドルは、ちょっとしたしあわせのおすそ分け。


その炎を見ていると、なんとなくあたたかな気持ちになってきます。

 

 
 
  

2009/11/19

アロマキャンドル 精油の量別試作品の作成

    
中野区スマイル社会復帰センターのリサイクル・アロマキャンドルプロジェクトですが、今回職員の方に作業の合間に精油の量の違うサンプルをいくつか作っていただきました。

    









           
今回のアロマキャンドルは、合成の香料を用いず、香りは全て植物の精油のみで作ります。


本物のオーガニック精油を使うことで、自然な心地の良い癒される香りのアロマキャンドルとなります。


しかし、本物のオーガニック精油は香料に比べて値段が高いコストの問題や、あまりロウを熱しての加工となると精油の香りが飛んでしまうという難しい面もあります。


今日は、精油の量や芯の太さを少しずつ変えたもの、とかしたロウの温度の違うもの、また芯に精油をしみこませたバージョンなどのいくつかのサンプルの、香りや燃え方、炎の大きさなどを実験してみました。



やわらかな、やさしいアロマが部屋に漂います。












2009/11/11

中野区でのリサイクル・アロマキャンドルプロジェクト




セルザチャレンジによる、リサイクル・アロマキャンドルのプロジェクトが進んでいます。

中野区スマイル社会復帰センターにてリサイクル・アロマキャンドルを作成し、某ブランドのラインナップとして採用してもらい一般市場に展開していくプロジェクト。


センターでは今まで、通りをはさんだ向かいにある中野サンプラザの結婚式場から披露宴で残るキャンドルをいただき、それを溶かしてクリスマスツリーやキャンディなどの形をしたかわいらしいキャンドルをつくりバザーなどにて販売してきました。

今回のプロジェクトでは、そのキャンドルの元になるろうに、イタリアのシシリアから取り寄せたオーガニック・レモン精油を添加して、リサイクル・アロマキャンドルを作ります。


結婚式で残ったキャンドルのリサイクルですが、オーガニック・レモンのアロマを加えて、ちょっとしたしあわせのおすそ分けです。




写真は、利用者の方の帰宅後、職員の方との打ち合わせおよび作業現場風景。



12月中の発売を目指して、セルザチャレンジのメンバーによる商品企画、デザインと容器などの準備と小売店へのご紹介、職員の方によりキャンドルの試作や工賃予算算出などのサポートを進めています。



こちらの利用者への月の支給工賃は現状1万円程度とのことで、自立生活が出来るよう少しでも支給額がアップするお手伝いが出来ればと思っています。
 
 
 
     
      

2009/11/10

商品・ノベルティなどを製作する施設のご紹介

  
セルザチャレンジでは、企業や団体等が商品やノベルティなどを作る場合に、それらの製作が出来る障がい者の働く施設・工場をご紹介するお手伝いもしています。
 



このたび出版社さんからのお話で、某飲食店チェーンさまの手帳カバーの作成のできる福祉作業所を、東京コロニーの武者さんのお力を借りてご紹介させていただきました。

今回のお仕事は生地の縫製加工で、社会福祉法人ながのコロニーが行いました。


はじめから大量でなくても、毎年、毎月少しずつでも継続的にお仕事が発生していくように出来ればと素晴らしいと思います。



各地の施設ではこのような縫製品をはじめ、木工品やアクセサリー、お菓子などいろいろなものが作れます。


もし、会社やお店などで商品や心のこもったノベルティなどをお考えで、作れるところにお心当たりがない場合は、ぜひお声掛けいただけますと幸いです。

 

   



 

2009/01/01

セルザチャレンジとは

セルザチャレンジは、各地域で仕事し自立したい障がいのある方々がものを作り・売ることをお手伝いする活動団体です。

世界各地の障がいのある方(The Challenged Person  ザ チャレンジド パーソン)がそれぞれの地元で働き、自立生活できるお金が得られるように、それぞれの個性とを生かした競争力の高い自主製品作りと世界市場での販売・伝達をサポートすることを使命として2009年に活動を開始しました。


世界の障がいを持つ方々が働く現場を訪ね、各地の現状を鑑みた上で、それぞれの地元にて生産される産物を、世界の様々なスキルを持つパートナーと協力、それぞれの産物を地域間でカニバリゼーションしない競争力のある製品になるように仕立て、世界中の市場につなげていく活動を行います。


そして、その生産活動を通して、活動結果を他の人に認めてもらい、喜ばれて対価を得るという、人にとってやりがいのある営みを模索していければと考えています。



障がい者を持つ多くの家族は不安の中にいます。


様々なケース・要因がありますが、この豊かな日本においても障がい者を持つ人が福祉作業所にて働いても年間の工賃収入は数万円以下、さらに1万円以下というところも多いのが現実です。

現状そしてこの先、健常な自分たちがたとえいなくなっても地域で仕事を持ち自立生活していけるのかどうか?



現在、世界の障がい者施設を訪ねてみると、多くのところで工賃のアップを目指して、また余暇活動もかねての自主製品の製作を職員や父兄の方々のご指導のもと利用者が行っています。


しかし、それらは一般的な製品としての付加価値と競争力を持つに製品作りにはなっていなかったり、また職員や家族の方はモノの企画や営業が本業ではないため、どのようなものを作ってよいのか、またどのように・どこで販売したらよいのか分からないという実態があります。


一方で、障がい者の経済的自立のためには、工賃をあげて利用者に配分していかなければならないという課題があり、福祉の専門家である職員の方々にもビジネス・商売の専門家と変わらないスキルを求められるという現実が存在しています。

日ごろ我々は、事業家、デザイナー、商品企画者、バイヤー、販売スタッフ、営業員、WEB製作者、ジャーナリスト、編集者、写真家、マーケッター、コンサルタント、プレス・・・として、モノ・サービスを企画・デザイン・販売・伝達して対価を得るという仕事をし、様々なビジネス活動を様々なプロフェッショナルと共に行っています。


その日々のビジネス・商売にまつわる活動の中で、自分たちのできることから、障がい者の方の作られた製品を広くご紹介したり、地域の個性を生かした競争力の高い独自商品の企画・生産・販売のお手伝いができればと考えています。



それぞれの地域で、それぞれの個性を活かしながら、やりがいのあるお仕事が生まれ、社会福祉の整備ととも少しずつでも豊かになっていければ。



壮大な夢はありますが、まずはコツコツと自分たちの身の丈で得意なことから手伝いさせていただければと存じます。



ホームページ
https://sites.google.com/site/sellthechallengejapan/



連絡先
fwis4210★nifty.com

★を@にかえて送信してください。


現在は小規模施設を中心とした支援活動を行っています。

何なりとご相談・ご連絡いただけますようお願い申し上げます。

また当団体へのご支援、またご参加などもお待ちしております。